立命館大学 白川文字学 参考コンテンツ

白川文字学、立命館大学のプロジェクトのPR用プロモーションリール制作の参考資料として、いくつかのビデオを紹介します。
文字に興味のある人々にフォーカスをあてた、温かい映像にしていきたいです。
★印のついたものは、プロジェクトで目指すコンテンツに近いものです。

Helvetica Font Trailer ★★★

世界で最も多く使われているといわれるサンセリフの欧文書体のHelvetica(ヘルベチカ)をめぐるドキュメンタリー映画
街角で実際に使われているフォントを追いかけています。
京都の町々での漢字探検隊の参考資料

108 years of Herman Miller in 108 seconds ★★★

アメリカの家具メーカーの108年の歴史を108秒で紹介するビデオ
ナレーションは一切使わず、各時代に人気のあった商品やデザイナーをグラフィカルに紹介しています。
40世紀以上の漢字の歴史、発展、仕組みを紹介するメインアニメーションビデオの参考資料
各年表ごとに、詳しい解説は、ウェブページや教科書に同イメージを使用しリンクする。

のらもじ発見プロジェクト

町に昔からある手作りの看板から、コンピュータ用のフォントを作成するプロジェクト
ビデオの例というよりは、文字をテーマにしたプロジェクトの例
http://noramoji.jp/

大学紹介 プロモーションリール

Edinboro University, ART Department ★★★

ナレーションはなく、エモーショナルな音楽と真剣に学ぶ学生の生き生きした表情が印象的
文字学 / 京都の町々での漢字探検隊の参考資料

Harvard University ★

学生の生活、学業に24時間密着し、インタビューを通して、ハーバード大学の魅力を引き出している例

Manchester University

秋色に染まるマンチェスター大学の景色とキャンパスの学生を美しく切り取っています
若干、学生との距離感が遠く、エモーショナルさに欠け、古臭い印象を受ける

インタビュー、プロモーションリールなど

Freunde von Freunden ★★★

落ち着いたカメラアングルと、ご本人自身によるゆったりとしたプレゼンテーションがとても魅力的なビデオ
文字学 / 教授陣のインタビュー参考資料

Urbanized Movie Trailer ★

前半部分のみナレーションがプロジェクト全体を説明します、その後、プロジェクトに関わる人々を生き生きと描き出しています
文字学 / 京都の町々での漢字探検隊の参考資料

TOMORROW – Trailer ★

現在の環境問題、食料問題などシリアスな問題を取り上げていますが、その実生活を生き生きと生きている人々にフォーカスを当てたバイタリティーのある映像
文字学 / 京都の町々での漢字探検隊の参考資料

Semi Permanent 2010 Speaker – Jessica Hische ★

グラフィックデザイナーのインタビュー。 本人が自身の仕事について話しながら、同時に作品も挿入しながらのポートレート的なリール。 本人の魅力がよく伝わっている
文字学 / 教授陣のインタビュー参考資料

Grain & Gram: Jason Gregory, Designer

革製品のデザイナーとアトリエの紹介
音楽と映像のみ、インタビューやナレーションが無いぶん、メッセージ伝達が不十分
文字学 紹介参考資料